忍者ブログ


きのこの森

  
きのこの森とは、高野水登が主宰するコメディ多めの演劇団体。
そんなきのこの森の活動記。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 11/13/15:45

はあべえ

こんにちはあべえ。





主宰です。










こんにちはあべえ。









何のことでしょうか。







私がかなりお世話になっているカフェレストランです。





























見てわかる通り、スターバックスが「現代」だとしたら、「明治か大正」くらいでしょうか。クリームソーダがあるあたりハイカラですからね。







とはいえ、旧時代の遺物感は否めません。






実際、来るお客さんもおじさんおばさん、否もうお爺ちゃんお婆ちゃんが多いこと。





杖、車椅子は当たり前。






隣にダンス教室があるので、突然立ち上がり練習するおじちゃんとおばちゃん。






カウンセラーだか弁護士だかに「眠れなくて……薬も飲んでて……旦那の暴力が……」とか涙ながらに訴えるおばちゃん。





まずスタバではお目にかかれません。







そう、ここに来ることになったきっかけは、スタバにあります。











高校時代、私はよくスタバにこもって脚本を書いていました。










まぁ待ってください。高校生の癖に生意気だとか、金持ちのボンボンがとか、そんなんだから友達が少ないんだとか、ちょっと待ってください。





当時は、スタバがまだちょっと珍しかったんですよ。





それこそネットで、「スタバの頼み方がわからない!」「ショートってなに!?」というのが話題になってたくらいですから。





オシャレとは程遠い私もスタバなんて恐れ多くて、最初はファミレスのドリンクバーで粘って脚本書いてました。





ただ…ファミレスって…場所によりますが、高確率で追い出されるんですよ。






ましてや高校生です。そして私は昔から弱そうに見えるのか、よく道を聞かれたり、電車で座ってただけなのにサラリーマンに悪態つかれながら膝を蹴られたりするので、まあ店員さんのストレスのはけ口にされるわけです。





「お食事でないならお帰りください」って……席ガラガラじゃん……あと隣の中坊6人グループにももっと強くいいなよ……俺ちゃんと頼んでるのに……






そんなんで、なんだかんだドリンクバーと何かしら頼んで安くても5〜600円はしますし、私は食いしん坊なので大抵何か食べちゃいますから安く済まない上に、居心地が悪い…








そんな中、発見したのがスターバックス。





父がスタバのヘビーユーザーだったので、ちょくちょく付いてったりしてたんです。





そこで知ったのが、コーヒーが100円(税抜)でお代わりできる制度!コーヒーのショートが280円(税抜)なので、これは良い!





しかも、スタバは「サードプレイス」を打ち出しているので、追い出したりなんかしません!(詳しくは本を読んでみてください。スタバの経営理念はそれはそれは素晴らしいものです)





こうして、私なりに居心地の良さ+コストパフォーマンスの良さを考えて、スタバでこもって脚本を書いていたのです。






あの頃はいい時代でした。スコーンとか美味しかったなあ…そうそう…なーんだかんだ頼んじゃうんだよなあ…。席まで新発売のケーキの試食もってきてくれたり…。









しかし…








空前のスタバブーム到来





高校3年から大学1年の間でしょうか…そのくらいから、席の確保が難しくなってきました。





私なりに分析し、「9〜10時と、ランチタイムは席が空く」ことを発見し、その時間を狙ってなんとか始めのうちは席を確保していたのですが…。






次第にスタバ人気はエスカレート。商品を買うための列のほかに、席に座るための行列ができ、「休むために疲れる」という本末転倒な事態には驚きを隠せませんでした。また、1度だけではありますが、「お食事お済みでしたら席をお譲りください」と言われた時は本当にショックで…。





何より、中高生が増えたことですよ!!!!!!





でけえフラペチーノ飲みながらペッチャクチャペッチャクチャ!う、うるせえ…金持ちだな最近の女子高生は!!!!





かと思えば、6人で来て1人だけフラペチーノ頼んで居座ってるバカ!!!!!!!!マックでやれ!!!!!!マック可哀想だけど!!!!!!






スタバは孤独な人達の「第3の家」なんだよ…!!!!!「ステータス」じゃねえんだ!!!!!何が「ゴディバフラペチーノ」だよ!!!!!ゴディバ行け!!!!!






と、自分が高校生であることも忘れてイライラし、次第にスタバから足は遠のきました。










その後しばらく当てどなくカフェチェーンを回るも、どうもしっくりこない……どこも混んでるし……。





安息の地を求めて彷徨い続け、決して駅から近いとは言えない場所に、見つけたのです。









「はあべえ」を。












元々はサイゼリヤに行くつもりでした。





しかしまぁ〜混み合ってまして、人が並んでるんですよ。サイゼリヤに。サイゼリヤに並ぶって何だよ、世紀末じゃあるまいし。ブツブツ…





サイゼリヤは、あの、でかいスーパーとかデパートの上のほうの階って、飲食店が集中してるたりするじゃないですか。あんな感じの中の一つでして、その隣にあったのが、「はあべえ」だったんです。





満席のサイゼリヤの隣で





はあべえには客ゼロ





まさに寂れたカフェ…否レストラン…カフェレストランか…。チェーンに慣れたお子ちゃまの私にはいささかハードルが高かったのですが、意を決して入りました。





コーヒー400円。嗚呼、コンビニコーヒー100円の時代に、スタバより高い。味は普通だ。俺はもうちょっと酸味が弱いほうが好きかな。んん?あ、これ何杯でもお代わりできんの?じゃあお得かなあ。











それから、ちょくちょく通うようになり、段々愛着が湧いてきました。





そこそこ店内が広いのもあって、まず半分以上席が埋まることがありません。





今となっては相当な回数来て、朝から晩まで滞在しましたが、満席になったことは1度しかありません。





しかも、中高生だけのグループを見たのは、本当に大袈裟でなく一回しかありません。





それこそ、サイゼリヤや、隣のイトーヨーカ堂にあるしょぼいフードコート(本当にしょぼい)にたむろしているんですね。だから静かで居心地がいいんです。






さらに付け加えると、トイレが店舗の外にあるんですが、そこから下の階のブックオフに行けるんです。





疲れたらちょっと息抜きに行ったりします。そのまま漫画買ってはあべえで読んで帰るとかしちゃいます。何してんだか本当に。





通いまくるとコーヒーもなんかこれ実はすげえ美味えんじゃねえかという気すらしてきます。





あと、なんだか、絶妙なツッコミどころが…愛らしいというか…









レストランなので、古き良き王道のファミレスみたいなメニューがあるわけです。





その一つが揚げ物メニュー。トンカツやらエビフライやらですね。





どうやらこれを推しているらしく、揚げ物メニューのポップが店の前に置かれてたわけです。





そのキャッチコピーが








「金曜日はフライデー」














あ、ああ…揚げ物の「フライ」と、金曜日の「フライデー」をかけてるのね。ハハ。洒落がきいてるね。オシャレだ。ハハハ。







しかし、その下に小さめに








「※毎日やってます」














えっ…?なに?えっ、言いたかっただけ!?ダジャレ思いついたから言いたかっただけなの!?





うわほんとだ!!べつに金曜日だからって安くなるわけじゃねえ!!本当にただ事実としてダジャレが書いてあるだけだ!!コラ一本とられたわアッハッハ!!!





消費増税時の価格変更によって、この謎のダジャレポップは無くなってしまいました。写真撮っとけばよかった…。









また、店にある8種類のケーキをコンプリートするかしないかあたりの頃(ちなみに、モンブランと林檎のシブーストが1番美味しいと思ったのですが、みんなそう思うのか割と売り切れます。人気なら入荷しとけや)






なんとはなしに外の食品サンプルを眺めていたら














あれ、コーヒー回数券なんてあるんだ。





11枚綴りで、1杯分タダとかかな。コーヒーしか頼まねえし、いっそ買っちゃうかなあ…悩むな…。









ん?





11枚で2100円?





コーヒー1杯、400円だよな…。















半額以下じゃん!!!!!!






400円が190円くらいになんの!?なんで!?俺が2年半働いた顧客満足度No.1を目指しながら実際は薄利多売で非正規雇用者割合ランキング堂々の第5位サン○クカフェより安いじゃん!!





店内には一切そんなお得情報は書いておらず、「み、見つけないで〜」ってくらいさりげなかったので(写真は最近のもので、以前は照明焼けして写真も文字もカスれていた)、なんかの間違いじゃないかとドキドキしながら「こ、コーヒーチケットください」と言ったら、ちゃんと2100円でした。






採算とれてんのかなこれ…まあコーヒーは原価安いって言うけど、それにしたってなあ…。






こういうところに心奪われてしまい。すっかり常連です。





マジの常連なのに絶対に顔覚えられないのも良いんですよ。覚えられると緊張しちゃうので…。









半年くらい前、家の近所(徒歩30分)に、コメダ珈琲ができました。私はコメダも大好きなので、最近ははあべえとコメダを交互に行ってます。





現在、右肩上がりで業績を伸ばし、店舗数もどんどん増えてるコメダ珈琲。





その背景には、「セルフ疲れ」があるそうです。





スタバやドトール、店舗に社員がおらずバイトに全ての負担を押し付けるサン○クカフェなどに代表される、セルフ式のコーヒーチェーンが時代を席巻しましたが、人気がでたことで慌ただしい店舗ばかりになり、「少し高い値段でも、ゆったり寛ぎたい」というニーズが高まってきたというのです。





私だけじゃなかったんですね。スタバややたら新メニューを増やしその度に厨房や冷蔵庫を狭くして店員の負担を増やすサン○クカフェにたむろする中高生に辟易していたのは。






ついにはあべえに時代が追いついた!と思ったんですが。








日曜日の18:00現在、店内に私だけです。










こういうところがまた、好きなんですよね。











あまりに落ち着きすぎてブログ書き始めたら2時間半たってるみたいなのが玉に瑕ですが…。








最後に、「はあべえ」という気の抜けた店名はなんなのか。







何故、
「僕、はあべえってとこによく行ってるんです」
「は?なに?は、はぁ…?」
「あの、ひ、ひらがなで、はあべえ」
「はーべー?」
「いや、はの次、あです。」
とかめんどくさい下りを誘発する店名なのか。







その答えがこちら。













はあべえ=HARVEY






…そ、そっすか…。








それでは、また次回。
PR

ふくふく食堂との絆

こんにち半透明。煮え切らないですね。






主宰です。







皆さんは、このブログでも何度か取り上げている、ふくふく食堂を覚えていらっしゃるでしょうか。






私の通う、日本大学芸術学部のほど近くにある、1人焼肉のお店です。

















カウンター席にIHヒーターが備え付けられており、自分でお肉を焼いていただきます。
















ご飯、味噌汁、サラダまでついて、日替わりランチ650円から。肉のボリューム感、野菜の優しさ、ご飯はブランド米のつや姫…その圧倒的なコストパフォーマンスにひもじい学生の私は感動し、半年くらい前から通いまくっています。

















スタンプカードもあっという間にたまってしまいます。















日付をみればわかると思いますが、もう一時期の頻度は病的ですね……。







その病的な愛は暴走し、第3回公演では舞台美術にふくふく食堂の絵を自分で描き































※印象派絵画風なので、遠ざかるとリアルに見えるのです。






Twitterで、「ふくふくうまい。ふくふくうまい。絵まで描いちまったぜ。フヘヘヘヘ」みたいなことを書いていたら







なんとふくふく食堂公式Twitterアカウント様から「素敵な絵をありがとうございます。よろしければお店に飾りたいです」






と、連絡いただきまして…。







お店に飾っていただきました(今でも飾って頂いております)。

















それからというもの、本当にふくふく食堂の方にはよくしていただいて……。前回公演では、お店にフライヤーを貼っていただきました。

















ありがたいことです。






いくら「ふくふく食堂の回し者だ」と言われようと、私は愛し続け、布教し続けることでしょう。








そして…








ふくふく食堂に愛を注ぐ信仰者がもう一人…



















暴食怪獣デブゴンゲこと、辻村篤くんです。












彼の布教活動は、SNSで画像を紹介し続けることでサブリミナル効果を狙う内気な私と違って、アクティブそのもの。






あるとき、後輩に会って、「おいしいつけ麺屋さんしりませんかぁ〜?」と聞かれ、ふくふく食堂に案内したそうです。






一歩間違えば詐欺ですが、その後輩もハマったようで、結果オーライです。






そんなアクティブ極まる布教活動を続けるデブゴンゲくん









ある日、その愛が一線を越えました。








「たかみなさん。ふくふく食堂に、メニューを提案したいんですが、一緒に来てもらえませんか。」









たこ焼きの時といい…愛が暴走してギリギリの禁忌に触れてしまいがちですね…







と、思ったのですが、丁度店長さんに、「お客さんから、私の1番好きな食べ方。みたいなのを聞いてみたいとも思ってるんだよね〜」と聞いたあとだったので、これはちょうどいいと、お店に向かいました。






辻村くんが提案したのは、「鶏ちゃん」






「けいちゃん」と読みます。岐阜の郷土B級グルメで、キャベツや鶏肉を、ニンニクの効いた味噌で炒めたものです。






これを、何だかデキるビジネスマンみたいにiPadでプレゼンしたデブゴンゲくん。







すると、店長さんがおもむろにキッチンに入り







チャチャチャチャッ〜〜


















「こんな感じですかね?」










えっ、ええええっっ!?!?










「おかげさまで学生さんのお客様が増えて、いつもお世話になってるので、どうぞ」










い、いやいやいやいや!!私どもは何も!!こちらこそいつもいつも……










「ご飯食べますか?」










いやいやいやいやいやいやいやいや!!たった今ランチをご飯学盛り(550g)でいただいたばっかりですので!!!!








半分くらいお願いします。










うっ、うめえっ…!!焦げた味噌が香ばしくて…ご飯とまらねえっ…ハムッ!ハフハフっ!ハムッ!!







学盛りごはんをたらふく食べた後でも、まるでデザートは別腹とでも言わんばかりに平らげてしまいました。





学盛り参考画像









「検討してみますね。また何かやってほしいっていうものがあったら、言ってください」








あ、ありがとうございます!!










〜2日後〜




















はやきことかぜのごとし!!!!!







もちろんいただきました!

















なんという幸せ…メニュー誕生の瞬間にも立ち会ったので、思い入れもひとしおです。







スポーツマン風の大学生が、「トリちゃんお願いします!」と注文していたのが、可愛らしかったです。







もちろん、辻村くんも

















又、岐阜出身で鶏ちゃんにはひと一倍思い入れのある、前回キャストの河合さんと、特に思い入れのない前回キャストの三箇くんも食べてました。








いつでも、最後まであったかくごはんが食べられて、お店の人もあたたかい。そんな大好きなお店と、こういった関係を築けて、本当に嬉しいです。






フライヤーやポスターなどがあったら、貼ってくれるそうなので、大学関係や劇団などのポスターがありましたら、ぜひお願いしてみてください。きっと店長さんも、学生の活気が入ることを喜んでくださると思います。







そして!ブログをご覧の老若男女の皆様!江古田にお立ち寄りの際は!ぜひ!ふくふく食堂に行ってみてください!!








以上、そろそろグルメ以外の話題がほしいと思いつつそれしかないブログでした。







それではまた次回。

ベジたこクッキング

こんにちハミング。笑いながらハミング嬉しさを集めよう。






主宰です。







先日、なんやかやあって、「ハートに火をつけて」に出てくれた佐々木愛さんの家に、何人かで泊まることになりました。






そして、紆余曲折を経て、









「ベジたこを作ろう」








ということになりました。






ベジたこ。そう、きのこの森ブログではおなじみの、北池袋駅すぐ近くにあるたこ焼き&Bar「AMO」の看板メニュー。ベジたこです。
















なんとベジたこAMO。先日、モヤモヤさまぁ〜ずに取り上げられていたのです!!























こんな自虐を言いつつも





















水と称して水割りを振る舞うボケをキッチリこなし、ゴールデンタイムのお茶の間に、ベジたこAMOここにあり!と、高らかに宣言しました。







そのオンエアをみたこともあって、ベジたこ愛が暴走し、絶対不可侵領域へ足を踏み入れようとしたのです。なんということでしょう。





挙句の果てに、再現度が高くないと意味がないと……







ベジたこAMOのキヨシさんに電話をかけ







ぼく「ベジたこ作りたいんですけど!レシピ教えてください!!」








神をも恐れぬ蛮行。悪魔も尻込みする愚行。なんと罪深い!!!!







キヨシさん「ええよ!!!」









菩薩!!!!!!

















この笑顔は、アルカイックスマイルだったのですね。キヨシさんは悟りを開かれており、我々を御赦しくださったのです。










レッツ!!ベジたこ!!!































極めつけは、ラー油です。なんと、ラー油まで手作りしました。















激辛好きの女性陣が「モウチョットカナー」とかいいながらビシバシ一味を足していくのでヒヤヒヤしました。まるで地獄の釜の底。
















グルメデブオタク辻村篤くんは、料理スキルをいかんなく発揮して、テキパキと調理をこなします。彼は食べるだけでなく、料理もできるデブなのです。














三箇友維くんは、遊んでました。
















完成です!!!



















見た目は中々の再現度ではないでしょうか!











いただきまーす!!

















うまい!熱い!だがうまい!

















さすがベジたこAMO直伝のベジたこ。とっても美味しかったです。








しかし…







やはり全然お店のものとは別物でした…







レシピは同じはずでも、あの味、あの食感にはならないのです。







またベジたこを食べにいこう。そう思いました。








みんなで行こう!ベジたこAMO!!









ベジたこ販促キャンペーンと思われても仕方のないブログでした。










余談







ヨガをしながら寝る佐々木愛さん。














チョウチンアンコウだそうです。


















アノマロカリスだそうです。
















そもそもお泊まり会の発端はこの河合明日香さんなのに、深夜から来たためにあまり写真がなく、解散後サウナで撮ったという写真です。


















辻村篤くんがぼくに買ってくれた深海生物グミです。シーラカンスでした。とっても嬉しかったです。喜んでたら「チョロいな」と言われました。

















以上です。






それではまた次回。

タコス

こんにちハーシーチョコレートソース。かつては好きでした。




主宰です。







最近、タコスにハマっています。






きっかけは、「TACO BELL」の日本再上陸。




かつて、80年代に日本進出を果たすも撤退し、それから30年以上の時を経て満を持しての再上陸です。




アメリカではマクドナルドなどに並ぶほどメジャーなチェーン店らしいです。





オープン2日後くらいのときに、開店前に並んで食べました。





























うまかったです。





いわゆるファストフードではありますが、新しい感覚です。









そう、ファストフードです。







なぜ、たかがファストフードを並んでまで食いに行ったのか。





そりゃあ、同行した映画監督&アメリカのデブ辻村篤くん。フライヤーデザイン&舞台美術の野口紗綾さん含め、食べることが好きだからというのもありますが。




私、映画をそこそこみるんですが。




ハリウッド映画に、やたら出てきませんか?




タコス





こう、ワゴンとかで買って食ってたり、しません?





それが妙にうまそうで…




あと、何の映画か忘れましたが…否、複数の映画で言ってたんじゃねえかと記憶してるんですが…





なんか、ガラの悪い映画の字幕にですね




「皆殺しだ!」





「いくぞお前ら!!」





みたいに表示されたんですが





俳優さんのセリフが





「TACO TIME !!!」





聞き間違いか…記憶違いか…あれ?確か、マチェーテだっけ…?




とにかくですね、映画みてたら、潜在意識にタコスが刷り込まれてしまったんですよ。








結果、タコベル食ったにも関わらず、頭の中はタコスタコスタコス…





しかしタコベルは行列…気楽には行けません…





タコスのくせに生意気な……




だったら…




つくるしかねえ





ネットからタコベルタコスの秘伝レシピなるものを探し出し(大丈夫なのか)、つくってやりましたよ。





なにぶん特殊な材料を使うので、スーパーをハシゴしまくってどのスーパーが何に強いか色々知ることができました。




ちなみに、一つ確かなことは、トルティーヤ(タコスの皮)だけは業務スーパーで買うのが一番です。他のところだと2倍〜3倍の値段します。





役者は揃いました!!





TACO TIME!!!!























サイコー!




作るのも、切って混ぜて焼くだけなのでいたってカンタン!





なんだよー!タコベルなんか行かなくてもいいじゃん!!









翌日




私は原宿にいました。





あっ!大丈夫です!タコベルは渋谷にしかありませんから!タコベル行ったわけじゃありません!





ここです!














GUZMAN Y GOMEZ





タコス屋です。





正確には、ブリトー屋さんです!!まあ、タコスもありますが、ブリトー屋と名乗っているのでブリトー屋です!!ちょっと文章的に面白くするために大袈裟に書きました!!てへっ!!!申し訳ありません。




原宿ラフォーレの二階にオープンしまして、そのオープン翌日に行ったのです。流行りものに弱いですね。

























これがまた美味しかったのです。





タコベルではビーフとポークを推していたのですが、ここ、グズマンイーゴメズではチキンが推しメン





ちょっと値ははりますが、病みつきになってしまいそうな味で、これからハマらないか心配になりました。





まぁ、前日タコス食っておきながらまた食ってる時点で、タコスにはハマッてるわけですから、もうタコス中毒の症状は出ているわけで…。









そうですね










その後も脳内はタコスタコスタコスタコスタコス…









…まだトルティーヤ半分残ってんだよな……





チキンうまかったな……アレは胸肉かな……







とか考えながら生まれて初めて裏原宿の古着屋さんを回ったんですがタコス脳の内気な男はろくに服などみれず




帰宅途中スーパーに寄ってしまい









TACO TIME!!!!!!






















ここまでくると病気だとお思いでしょうが




NON!!




チキンとビーフではまるで違うのですぜ!!!!












しかも前日どこにも売ってなくて涙を飲んだコリアンダーをついに発見したんです!!!別物です!!!














タコスサイコーーー!!!!フゥーーーー!!!!!















こうやって公演が終わった寂しさを紛らわしています。





というブログでした。





それではまた次回

更新が遅れているのに牛丼の話

こんにち白磁。磁器土は固くてこねるのが大変だそうです。
 
主宰です。
 
 
すき家が、深夜営業をやめました。
 
 
正確には、24時間営業の店舗のうち3分の2の深夜営業をやめました。
 
 
ここ数ヶ月のすき家は、まさに動乱の時代。
 
 
まずは、2月に起きた鍋の乱。
 
 
小さな鍋に入った牛肉を、固形燃料で加熱する糞面倒くさい商品が発売。
 
 
しかも定食メニューはご飯おかわり無料。
 
 
アルバイトへの負担が激増し、嫌気がさしたアルバイトたちが続々辞め、激減。
 
 
悲劇は続きます。
 
 
消費増税により、ほとんどの飲食店が値上げに踏み切る中。
 
 
なんと値下げを敢行!!
 
 
牛丼並盛250円(税込271円)という驚異的なコスパで、牛丼愛好家たちの間では、逆に不安になるとの声が上がるほど。
 
 
その不安は現実となります。
 
 
ニュースで散々報道されているように、アルバイト一人に店を任せるワンオペ。過酷な14時間労働。バイト離れは止まらず、都内の多くの店舗が、営業時間短縮、営業停止になりました。
 
 
「パワーアップ改装中!!」の張り紙と「アルバイト募集!!」の合わせ技の虚しさたるや…。
 
 
さすがに追い詰められたすき家は、まずは牛丼を値上げ。並盛270円(税込291円)
 
 
そしてこの度、営業時間の見直しが行われたというわけです。
 
 
私は、すき家のチーズ牛丼が大好きでした。いつもチーズ牛丼でした。
 
 
たまにねぎたま牛丼とか、明太高菜牛丼とかを挟むのも好きでした。
 
 
それがいまや!!
 
 
100円だったトッピングが120円(税込130円)に!!チーズに至っては140円(税込151円)!!
 
 
どうせ値上げすんなら、値下げして期待させんなよ!!
 
 
チーズ牛丼にタバスコつけるくらいなら値下げしてよ!!タバスコ使わねえよ!!
 
 
と、世の牛丼愛好家たちは嘆き悲しんだことでしょう。
 
 
すき家愛好家たちは、すき家を捨て、松屋を目指します。
 
 
そう…松屋には…味噌汁がある…。
 
 
牛めし280円に味噌汁無料は嬉しい…。
 
 
そういえば380円のプレミアム牛めしとか出してたけど、別にいいや…。
 
 
しかし、券売機の前で手が止まる牛丼愛好家たち。
 
 
!?
 
 
プレミアム牛めししかない!!
 
 
(一部店舗では通常の牛めしもあるそうですが、ほとんどの店舗がプレミアムに切り替えました)
 
 
実質値上げじゃねえか!!
 
 
プレミアムしかないなんて…何と比べてプレミアムなんだよ!!
 
 
だったらキムカル丼とかにしちまうか…否!俺は牛丼愛好家だ!牛丼が喰いてえんだ!!
 
 
絶望に打ちひしがれ、路頭をさまよう牛丼愛好家たち。
 
 
思えば、牛丼愛好家には辛い世の中になってきたような気がします。
 
 
なか卯は探すとないし…すためしどんどんは牛丼を捨てたし…チカラめしは都内に9店舗まで激減したし…
 
 
しかし、忘れていないか!
 
 
原点にして頂点!
 
 
吉 野 家
 
 
素晴らしいですね!
 
 
いや、もとより吉野家派が多いことはわかっております。
 
 
しかし私は知らなかったのです。
 
 
だって…ずっと豚丼から…牛丼再開してもちょっと高めで…豆腐ののつまた牛すき鍋丼でお茶濁してる感じとかがなんだか…敬遠してたんですが…
 
 
ご飯も機械からボトッて落ちてくるのじゃなくて、業務用おひつで炊いてるし
 
 
牛肉部分は言わずもがな鍋でぐつぐつしてるし
 
 
普通においしいし
 
 
税込300円だし
 
 
あれ…?
 
 
今、吉野家がアツいのでは!?
 
 
チーズトッピングも100円だし!!
 
 
牛野菜焼き定食も結構おいしかったし!!
 
 
まんまとハマっております。
 
 
ここは吉野家
 
 
味の吉野家
 
 
牛丼一筋
 
 
はちじゅう〜ねん〜
 
 
(こんなくだらない文章で更新が遅れているのが情けないです。)