忍者ブログ


きのこの森

  
きのこの森とは、高野水登が主宰するコメディ多めの演劇団体。
そんなきのこの森の活動記。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/22/04:42

画像の供養 ライジング

こんにち葉柱。アイシールド21は名作ですね。





主宰です。






気づけば、千秋楽から一週間がたっていました。






寝て起きてゲームか漫画読むか映画観るかしていない今の生活とのギャップが激しすぎて、あれは夢だったんじゃないかと本気で疑うほどです。






というより、燃え尽きて抜け殻のようになっています。寂しくて仕方ありません。ずっとスマホをいじって人との繋がりを確かめようとしています。はっきり言ってメールの返信が異様に速いただの面倒くさい人になっています。






なんとか前に進むためにも、最後の画像の供養をします。









フランケン「ハカセー、セマイヨ、暗イヨ、ココカラダシテ、モウセリフカマナイカラ」









フランケン「ハカセーーーーーー!!!!」










コロボックルの作った巣。

本来、ここには座ることすらできないほどモノが置かれていましが、コロボックルの手にかかればこの通り。

ジャズヒのお気に入りです。









おかしいところがあります。どこでしょう。






近寄ってみましょう。






私を幾度となく殺した灯体です。

コロボックルのいたずらの結晶です。

どういう仕組みで落ちてくるのか、いまだにわかりません。









ケツの穴 痔りりこさんが、体を張った一発芸を披露してくれました。

「ヴァア〜、ケツから血が〜、ヴァア〜」









とにかくメシを食っている写真ばかりとります。

ただ、私の持っているiPhoneのパクリスマホは、シャッタースピードが遅いのでミスこんにゃくに必ずキメ顔をキメられ、地味に愛ちゃんにもキメられます。

雑ちゃんとかジャズヒの雑な感じが撮りたいのに…。









雑な感じがたまらない中華料理店で、ニンニクの芽炒めを頼む漢の中の漢。

サンラータンメンはそんなにデブメニューじゃないかと思ってたら相当なボリュームで嬉しいやら後ろめたいやらのデブゴンゲ。









差し入れをむさぼり食う様。

唐揚げとかおにぎりとか、しょっぱくてあぶらっこいものが来た時には戦場と化します。

甘いものの時はお菓子かじり虫が空いた時間に裏で延々ポリポリ食べてます。









寝てます。

私はこういう、「どこでも、どんな姿勢でも寝られる人」をすごく尊敬しています。私はお家で寝ないと寝た気がしません。効率が悪いと我ながら思います。










本番直前のちゃんとした返し稽古で顔面の体操をするタインド鈴木








片付けと掃除はみんなで。

あっという間に全部なくなります。正直切ないです。もう少しダラダラやってくれてもいいのに、スタッフさんが優秀なので速攻で終わります。




以下、打ち上げの様子です。





打ち上げはなんと、いつもお世話になっているベジたこAMOの系列店







劇場から徒歩10分
「僕と餃子の金曜日」
にて!






二階座敷席を貸し切りにさせていただきました!!ありがたい!!ナンパ師の顔が神経を逆撫でしますがありがたい!!










これは下戸の私の夢でした。








飲み放題と安さを優先してしまうと、どうしても料理が適当になってしまう……。

下戸と未成年は、飲み会でいつも損した気分になってしまうのです。







美味しい料理があって!旨い酒があれば!みんなハッピー!!






なのに泣くタスクくん







泣くタスクくん








何が不満なんだタスク!!!!!







……。









韓国映画で殺人鬼役で出てくる人






二次会はカラオケ








グロッキーになった痔りりこが入店拒否を食らったりと紆余曲折ありました。









主に元野球部が無尽蔵のスタミナを発揮していました。









イエーーーーーパーリーピーポーフゥゥウウウウウウウウウウ。








以上で、画像の供養三部作も終わりです。






打ち上げの写真をみていると、終わったんだと実感します。






そんな現実から逃げるために、毎日ゲームばかりしているので、いい加減目を覚まします。









それでは、また次回。
PR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
URL
FONT COLOR
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら